「どの案件を選べば良いのかわからない」

・・・あなたは今、アフィリエイトを実践するにあたって、どのプログラムを選べば良いのか、お悩みでしょうか?

「売れる案件を選ぶ」ということは、アフィリエイトで効率的に稼ぐための非常に重要なポイントと言えます。

多くの稼いでいるアフィリエイターは、「売れる案件を選び、売れない案件は選ばない」ということを徹底しています。

やはり、売れる案件を選ぶことができれば、少ないアクセスでも効率的に成約に結びつけることができますし、サイトにアクセスが集まれば、1つのサイトだけで月収50万円100万円、といった金額を稼ぐことも可能になってくるわけです。

反対に、売れにくい案件を選んでしまうと、いくら良いキーワードを選んで上位表示させて属性にマッチしたユーザーのアクセスをサイトに集めることができても、なかなか成約に結びつかないものです。

ということで、アフィリエイトにおいて「売れる案件を選ぶ」ということは、非常に重要なポイントになってくるわけですが、アフィリエイト初心者の方にとっては、一体どのプログラムが売れる案件なのか、見当もつきませんよね?

また、中級者・上級者の方であっても、はじめて取り組むジャンルの場合は、どれが売れる案件なのか見極めるのは、決して容易ではありません。

そこで、アフィリエイト初心者の方や、はじめて取り組むジャンルであっても、カンタンに売れやすい案件を探し出すことができるのが、以下の記事でご紹介している「Pandora2(パンドラ2)」というツールです。

Pandora2(パンドラ2)ならお宝キーワードがザクザク!ペラサイトアフィリエイトで最速で月収100万円以上稼ぐための禁断のツール

Pandora2はキーワードツールというイメージが強いかもしれませんが、実は売れる案件を探し出すにあたっても非常に有効なツールなんです。

そこで今回の記事では、Pandora2を使って売れる案件をカンタンに探し出す方法を解説していきます。

もちろん、この方法は、PPCアフィリエイト、SEOアフィリエイトに限らず、あらゆるアフィリエイト手法において有効な手段です。

ぜひあなたも今回の記事を参考にして、Pandora2を使って売れる案件をサクッと選んで、アフィリエイトで効率的に稼いでいきましょう。

Pandora2(パンドラ2)を使って売れる案件を探し出す方法とは?

それでは早速ですが、Pandora2を使って売れる案件をカンタンに探し出す方法とは、Pandora2の「PPC広告サーチ機能」を使って、長期間広告表示され続けている案件を見つけることです。

つまり、「長期間広告表示され続けている案件=売れる案件」ということなんです。

なぜなら、長期間にわたって広告をまわし続けているということは、それだけ広告費がかかっているわけですから、利益を出すためには収益性の高い売れる案件である必要があるからです。

逆に、売れない案件を長期間広告表示させ続けて、広告費を赤字で垂れ流し続けるような人は絶対にいないわけです。

ですから、長期間広告表示され続けている案件を見つけることができれば、自ずと売れる案件を見つけることができるわけなんですね。

では次に、実際にPandora2の「PPC広告サーチ機能」を使って、売れる案件を探し出す手順を解説していきましょう。

Pandora2(パンドラ2)を使って売れる案件を探し出す手順を解説

Pandora2を使って売れる案件を探し出す手順を、実際の画面をお見せしながら解説していきます。

初心者の方でも、1~2分程度でカンタンにできますので、ぜひお試しください。

STEP1:PPC広告サーチのタブを開いて広告サーチボタンを押す

まず。Pandora2を起動させて、「PPC広告サーチ」のタブを開きます。

「PPC広告サーチ」のタブを開いたら、「広告サーチ」ボタンを押します。

STEP2:広告サーチ条件を入力してデータ取得ボタンを押す

「広告サーチ」ボタンを押したら、以下の広告サーチ条件入力画面が出てきますので、必要事項を入力していきます。

入力項目としては、①キーワード、②広告本文、③検索対象期間選択、の3点です。

まず、①のキーワードの欄には、リサーチしたい案件のジャンルなどのキーワードを入力して、「を含む」のタブを選択します。例えば、育毛剤の売れる案件を調べたいのであれば「育毛剤」と入力して、「を含む」のタブを選択します。

次に、②の広告本文の欄には、「提携」と入力して、「を含む」のタブを選択します。アフィリエイターが広告出稿する場合は広告本文に、必ず「提携」の文字を表示する必要があるので、これによってアフィリエイターが広告出稿しているサイトのみをリサーチすることができるわけです。

③の検索対象期間選択については、「全期間追加」のボタンを押して全期間を追加します。これによって、より長期間広告表示されているサイトをリサーチすることができます。

以上の3点を入力したら、画面の右下にある「取得開始」のボタンを押します。

キーワードにもよりますが、だいたい1分程度でデータを取得できます。

STEP3:取得したデータから、実際に売れている案件をピックアップする

データを取得することができたら、広告URLをブラウザで開き、サイト内で掲載されている案件をリサーチすることができます。

また、データ項目の中の「表示日」には、その広告がはじめて出稿された年月日が表示されていますので、これが古い日付ほど長期間広告表示され続けている案件、つまり「売れる案件」ということになります。

これによって、実際に売れている案件を大量にピックアップすることができるわけです。

 

ということで以上が、Pandora2を使って売れる案件を探し出す手順になります。

初心者の方でも1~2分程度でカンタンにできますので、ぜひこの方法で売れやすいお宝案件をジャンジャン掘り出していきましょう。

まとめ

今回のお話いかがでしたでしょうか?

「売れる案件を選ぶ」ことは、アフィリエイトで効率的に稼ぐための非常に重要なポイントです。

とはいえ、アフィリエイト初心者の方にとっては、一体どのプログラムが売れる案件なのか見当もつかないでしょうし、中・上級者の方であっても、はじめて取り組むジャンルの場合は、どれが売れる案件なのか見極めるのは、決して容易ではありません。

そこで、アフィリエイト初心者の方や、はじめて取り組むジャンルであっても、カンタンに売れやすい案件を探し出すことができるのが「Pandora2(パンドラ2)」です。

Pandora2の「PPC広告リサーチ機能」を使えば、初心者の方であっても1~2分程度でカンタンに大量に売れる案件を探し出すことができるわけです、

ということで、ぜひあなたもPandora2を活用して、売れやすいお宝案件をジャンジャン掘り出して、アフィリエイト報酬をガンガン稼いじゃいましょう。

Pandora2(パンドラ2)ならお宝キーワードがザクザク!ペラサイトアフィリエイトで最速で月収100万円以上稼ぐための禁断のツール