「今からアフィリエイトをはじめても稼げるようになるんでしょうか?」

・・・当ブログでは、これからアフィリエイトをはじめようとしている方やアフィリエイト初心者の方に情報発信していることもあり、数多くの読者の方からこの様なご質問をいただきます。

あなたも、これからアフィリエイトをはじめるにあたって、本当に稼げるようになるのか不安に思うでしょうか?

確かに、どんなビジネスであっても「先行者利益」というものがあって、その市場にいち早く参入した人は多くのメリットを得られることがあり、これはアフィリエイトビジネスにおいても言えることです。

ですが、たとえ今からアフィリエイトをはじめる後発組アフィリエイターの方であっても、正しいやり方を実践すれば、誰でも月収100万円程度なら安定的に稼げるようになります。

月収100万円ということは年収で言えば1200万円になるわけですが、サラリーマンであれば、一部のエリートサラリーマンや、20年~30年といった長期間の出世競争に勝ち抜いた人だけが手にするような金額ですよね?

そのような金額が、アフィリエイトであれば、正しい方法を1~3年程度実践すれば、誰でも手にすることができるわけです。

実際、私自身もサラリーマンを続けていたら、年収1200万円レベルになるには後20年ぐらいは必要だったと思いますが、アフィリエイトに取り組みはじめてから2年程度で達成することができました。

もちろん、私自身もアフィリエイトははじめた時は「後発組」でした。

ですから、あなたが今からアフィリエイトをはじめるにしても、月収100万円程度ならじゅうぶん稼げるようになるわけです。

ではなぜ、今からはじめる後発組アフィリエイターであっても、それだけの金額を稼ぐことが可能なのでしょうか?

・・・・・。

そこで今回は、今からはじめる後発組アフィリエイターでも間違いなく月収100万円以上稼げるようになる5つの理由、と題してお話していきます。

もしあなたが、これからアフィリエイトをはじめるにあたって、本当に稼げるようになるのか不安に思っているのであれば、ぜひ今回のお話を参考にしてみてください。

今からはじめる後発組アフィリエイターでも間違いなく月収100万円以上稼げるようになる5つの理由

それでは早速ですが、今からはじめる後発組アフィリエイターでも間違いなく月収100万円以上稼げるようになる5つの理由としては、以下の通りです。

①アフィリエイトビジネスはまだ黎明期から成長期へさしかかった段階

②広告の数に対してアフィリエイターの数が圧倒的に足りていない

③アフィリエイトビジネスで成功するための方法論はほぼ確立されている

④キーワードや切り口は無限にある

⑤間違ったやり方の先行者は脱落していく

これらの理由により、今からはじめる後発組アフィリエイターであっても、正しいやり方を実践すれば、1~3年程度で月収100万円レベルを稼げるようになるわけです。

では、それぞれのポイントについて、詳しく説明していきましょう。

①アフィリエイトビジネスはまだ黎明期から成長期へさしかかった段階

ビジネスにおいては、その業界の成長や成熟の度合について、以下のような4つの段階で表現されることがあります。

・黎明期の業界…まだ基盤も整っておらず市場規模も小さく、どうなるかわからない業界

・成長期の業界…基盤が整って順調に市場規模が伸びはじめている業界

・成熟期の業界…成長が横ばいになっているが市場規模が過去最大になっている業界

・衰退期の業界…市場規模が減少の一途を辿る斜陽産業

この様に、その業界の成長や成熟の度合というのは4つの段階で表現されることがあるわけですが、アフィリエイトビジネスの業界は、ようやく「黎明期から成長期へしかかった段階」ぐらいであると言えます。

つまり、アフィリエイトビジネスの業界というのは、ようやく基盤が整ってこれから市場規模が拡大していく段階というわけなんですね。

以下は、矢野経済研究所が発表した「アフィリエイト市場規模推移と予測」というデータのグラフです。

■図:アフィリエイト市場規模推移と予測

引用元:https://eczine.jp/news/detail/3995

ご覧の通り、日本におけるアフィリエイトビジネスの市場規模というのは、右肩上がりの成長曲線を描いており、2020年には3500億円規模まで成長していくことが見込まれています。

今後は、新聞・雑誌・テレビ・ラジオなどといったオールドメディアの広告市場が縮小して、その分インターネットメディアにおける広告市場が拡大していくことは確実なので、アフィリエイトビジネスの市場規模もゆくゆくは1兆円規模まで成長していくと思われます。

つまり、今からアフィリエイトビジネスをはじめる人は現時点では「後発組」ではあっても、長いスパンでみればじゅうぶん「先行者」なんですよね。

今日新規ドメインを取得して立ち上げたサイトであっても、2年後3年後にはじゅうぶんな運営歴のあるサイトになり、5年後10年後には立派な老舗サイトになっているわけです。

その頃には、今よりも広告主やユーザーの数はさらに増えているわけですから、取り組んでいるジャンルの市場規模も2倍にも3倍にも膨らんで、アフィリエイト報酬も2倍にも3倍にも増えている可能性が高いわけです。

ということで、これからはじめる後発組のアフィリエイターの方であっても、まだまだ先行者利益を得られるビジネスなんですよね。

②広告の数に対してアフィリエイターの数が圧倒的に足りていない

アフィリエイトビジネスは、広告主⇒ASP(広告代理店)⇒アフィリエイター、という3者による流れで、最終的にエンドユーザーに商品やサービスを紹介するビジネスモデルです。

なので、この3者のうち、どれか1つでも欠けてしまうと成立しないビジネスモデルなわけです。

先ほどもお話しましたように、アフィリエイトビジネスの業界は右肩上がりの成長曲線を描いており、それに伴って当然のことながらASPや広告主の数も急激に増えているわけですが、それに対してアフィリエイターの数はそれほど増えていないのが実状です。

ASPに登録しているだけで活動していないような人もいるので、正確なアフィリエイターの数を把握するのは難しいのですが、ASPの担当者や他のアフィリエイターの方と話したり、私自身の感覚においては、「広告の数に対してアフィリエイターの数が圧倒的に足りない」と感じることが多いです。

例えば、アフィリエイトビジネスにおいては、売れる商品が多いのにアフィリエイターがほとんどいないブルーオーシャンなジャンルがまだまだたくさんあったり、アフィリエイターが多いジャンルであっても、ちょっと違う切り口やキーワードで紹介しただけでこっそり稼ぐことができたりと、まだまだたくさんの「穴場」があるわけです。

この様な「穴場」がたくさんあるのは、広告の数に対して、まだまだアフィリエイトに取り組んでいる人の数が少ないからだと言えるでしょう。

アフィリエイトに取り組む人が少ないのは、日本人は先進国の中でも特に「消費者意識」が強くて、さらには起業する人の割合が圧倒的に少ないという国民性も一因なのかもしれません。

また、私は若い人でアフィリエイトに取り組む人がもっと増えていくと予想していましたが、今の若い人はスマートフォンでネットは見るものの、意外にもパソコンを使えない人も多いようで、ユーザーになる人は多いけどアフィリエイターになる人は案外少ないようです。

そして、今度ますます日本におけるアフィリエイトの市場規模が大きくなるわけですから、さらに「アフィリエイター不足」になるとことが予想されます。

アフィリエイターの数がまだまだ足りていないということは、今からアフィリエイトをはじめる方であっても、大きく稼ぐことができるチャンスがじゅうぶんにあるということなのです。

③アフィリエイトビジネスで成功するための方法論はほぼ確立されている

どんなビジネスであれ、先行者というのは、まだ何が正しいのか何が間違っているのかもわからず、方法論も確立されていない中、リスクを承知でトライ&エラーを繰り返しながら、手さぐり状態で実践していくしかないわけです。

料理でたとえるならば、レシピが無い中、おいしい料理を作るために、ありとあらゆる食材や調理法を試しながら、何百回、何千回と試行錯誤をしていくようなものですね。

なので、業界の黎明期からアフィリエイターだった人は最初は暗中模索の状態だったわけです。

ですが、アフィリエイトビジネスがはじまって10年以上が経過した現在においては、成功するための方法論というものがほぼ確立されてきたと言えます

つまり、今からアフィリエイトに取り組む人は、確立された正しい方法論を実践すれば、先行者のように余計な失敗や寄り道をすることなく、より短期間で確実に成功できるというわけです。

レシピ通り料理つくれば、誰でもおいしい料理をつくることができるのと同じですね。

もちろん、世の中に溢れる情報というものは玉石混合なので、何が正しい情報なのか、何が間違っている情報なのか、見極める必要があります。

ですが、アフィリエイトビジネスにおいて、何が正しい情報なのか何が間違っている情報なのかを見極める方法は非常にシンプルで、「今現役で稼いでいるアフィリエイターの手法であるかどうか」という点を見れば良いわけです。

当ブログにおいても、現役で稼ぎ続けているアフィリエイターである私が、今現在稼いでるパワーサイトアフィリエイトやペラサイトアフィリエイトなどといった手法についてお話しているわけです。

私が恋愛系情報商材アフィリエイトで1000万円以上稼いだ方法を暴露します!

初心者でも稼げるペラサイトアフィリエイトのやり方を徹底解説!

いずれの手法であっても、1~3年程度取り組めば、月収100万円レベルを稼ぐことは可能です。

ということで、今からアフィリエイトをはじめる方は、最初から確立された正しい方法論を実践することできるので、先行者に比べてより短期間で確実に成功できるというアドバンテージがあるわけです

④キーワードや切り口は無限にある

SEOアフィリエイトで売れるサイトをつくるためには、ライバルが少ない売れるキーワードを選んだり、他のサイトと被らない独自の切り口で記事を書いていく、という観点が必要です。

ページ数の少ないペラサイトアフィリエイトにおいては、ライバルが少ない売れるキーワードを選ぶことが、特に重要になります。

ページ数の多いパワーサイトアフィリエイトにおいては、キーワード選定はそこまで重要ではありませんが、他のサイトと被らない独自の切り口で記事を書いていくということが、特に重要になります。

これによって、後発組のアフィリエイターであっても、そのジャンルの穴場を見つけて大きく稼ぐことができるわけですね。

ですが、これに関して「既に多くの先行者が売れるキーワードを食い尽くしていたり、様々な切り口で取り組んでいるので、後発組が入り込む余地なんて無いのでは?」などと思う方も多いのではないでしょうか?

確かに、商標ワードや虫眼鏡キーワードなどのありきたりなワードで検索してみると、検索結果にアフィリエイトサイトがズラリと並ぶことも珍しくありません。

そのようなアフィリエイトサイトで埋め尽くされた検索結果を見てしまうと、「今さらアフィリエイトなんかやっても稼げないんじゃ?」などと凹んでしまう気持ちもわからないでもありません。

とはいえ、ユーザーが打ち込む検索キーワードというものは、複合キーワードも含めて無限にあるわけです。

当然のことながら、今活動しているアフィリエイターだけでは、ユーザーの打ち込む検索キーワードに合わせて全ての記事を書くなんてことは絶対にできないわけです。

以下の記事でもお話しましたが、パンドラ2というキーワードツールを使ってみると、検索需要が多くて購買意欲の高いキーワードなのにもかかわらずライバル不在のキーワードが、面白いようにザクザク出てくるわけです。

Pandora2(パンドラ2)ならお宝キーワードがザクザク!ペラサイトアフィリエイトで最速で月収100万円以上稼ぐための禁断のツール

つまり、どんな売れている商品やジャンルであっても、まだ誰も使っていない「キーワードの穴」が必ずあるんですよね。

そして、これは他のサイトと被らない独自の切り口ということに関しても言えることです。

例えば、助産師向けに特化した看護師の転職サイト、大学生向けに特化したクレジットカードのサイト、側頭部の薄毛に悩む女性に特化したサイト・・・などといったように、ライバルの多いビッグジャンルであってもターゲットを絞ることによって、エッジのきいた他とはかぶらない独自の切り口のコンテンツが盛り込まれたサイトになるわけです。

この様に、ライバルが少ない売れるキーワードや他のサイトと被らない独自の切り口というのは無限にあるので、後発組のアフィリエイターであっても、じゅうぶん入り込む余地があるわけです。

⑤間違ったやり方の先行者は脱落していく

先行者のアフィリエイターの中には、安定的に稼ぎ続けている人もいれば、一時は稼げていたのに脱落してしまう人もいます。

特にSEOアフィリエイトにおいては、Googleの意向に反したブラックなやり方や間違ったやり方をしているアフィリエイターは、遅かれ早かれ脱落していくことになります。

例えば、以下の記事でお話しましたように、サテライトサイトなどをつくってメインサイトへ自作自演で被リンクを付ける行為は今現在は有効な部分もありますが、Googleのアルゴリズムの進化によって、やがて通用しなくなってくることは確実です。

私がアフィリエイトサイトに自作自演の被リンクを付けない5つの理由

この他にも、中身の薄いコンテンツのサイト、ユーザーにとって使いづらいサイト、SSL化などのセキリティ対策がされていないサイト、などといったように、Googleの意向に反したサイトは評価を下げていくことになるわけです。

そして、ブラックなやり方や間違ったやり方をしている先行者が脱落していくのであれば、当然のことながら後発組アフィリイターの入り込む余地はさらに増えるわけです。

Googleというフィールドの上では、先行者も後発組も立場は平等というわけですね。

 

ということで以上、今からはじめる後発組アフィリエイターでも間違いなく月収100万円以上稼げるようになる5つの理由についてお話しました。

後発組アフィリエイターであっても、正しい方法を実践すれば必ず稼げるようになります

今回のお話いかがでしたでしょうか?

おさらいしますと、今からはじめる後発組アフィリエイターでも間違いなく月収100万円以上稼げるようになる5つの理由としては、以下の通りです。

①アフィリエイトビジネスはまだ黎明期から成長期へさしかかった段階

②広告の数に対してアフィリエイターの数が圧倒的に足りていない

③アフィリエイトビジネスで成功するための方法論はほぼ確立されている

④キーワードや切り口は無限にある

⑤間違ったやり方の先行者は脱落していく

これらの理由により、今からはじめる後発組アフィリエイターであっても、正しいやり方を実践すれば、1~3年程度で月収100万円レベルを稼げるようになるわけです。

アフィリエイトビジネスの業界はこれから成長していく業界で、まだまだ広告の数に対してアフィリエイターの数が足りていない状況です。

そして、アフィリエイトビジネスで成功するための方法論はほぼ確立されているわけですし、ライバルが少なくて売れるキーワードや独自の切り口というものは無限にあるわけですから、今からはじめる後発組アフィリエイターであっても、正しい方法さえ実践すれば、必ず稼げるようになるわけです。

ということで、もしあなたが、これからアフィリエイトをはじめるにあたって、本当に稼げるようになるのか不安に思っているのであれば、ぜひ今回のお話を参考にしてみてくださいね。