「ペラサイトなんかで稼げるはずがない」

私は、アフィリエイトではじめて稼げるようになったのがパワーサイトアフィリエイトだったこともあり、当初はペラサイトなんかで稼げるはずがないと思っていました。

「Googleは、良質なコンテンツが満載の更新頻度の高いサイトを評価しているんだから、ペラサイトなんかが評価されるはずがない。たとえ今は上位表示されていても、アルゴリズムが進化すれば、ペラサイトなんて一斉淘汰されるはずだ!」

・・・そう思い込んでいたんですね。

あなたも「今さらペラサイトなんかで稼げるわけがない」って思っていませんか?

ですが、私はネットサーフィンして様々なアフィリエイターさんのブログなどを見ていく中で、ペラサイトアフィリエイトを実践して稼ぎ続けている人が、かなりの数存在していることに気づかされました。

その中でも、特にペラサイトアフィリエイターとして有名なのが、丸山広樹氏です。

丸山氏は、ペラサイトアフィリエイトの手法で10年以上月収200万円以上稼ぎ続けており、さらには「丸山塾」というアフィリエイト塾を主宰して、何百人もの成功者を輩出しています。

アフィリエイト塾をやる人の中には、今は使えないような過去のノウハウを教えている人もいるそうですが、丸山氏は今も自分自身で現役バリバリでアフィリエイトサイトをつくっており、丸山塾はそのノウハウを正直に教えてくれる数少ない良心的なアフィリエイト塾であると評判です。

ある丸山塾卒業生の方の証言によると、丸山塾の参加者のうちだいたい3割ぐらいは1年後には月収数十万円レベルは稼げるようになるそうです。

稼げるようになる人が3割程度と聞くと少ないと感じるかもしれませんが、やはり丸山広樹氏の天賦の才であるキーワード選びや独特の文章力を身に着けるのは容易ではないのでしょう。

とはいえ、他のアフィリエイト塾に比べれば、成功している人の比率はかなり高いと思います。

それに、1年目では結果が出なくても、諦めずに続けて2年後3年後になって月収100万円以上稼げるようになる人もいるので、長期的に見ればもっと成功者の割合は多く、ノウハウの再現性としては非常に高いと言えます。

私は、これだけ多くの人がペラサイトアフィリエイトで稼いでいるという事実を知って、

「実はペラサイトでも稼げるんじゃないか!?」

と、思うようになったわけです。

私は既にパワーサイトアフィリエイトで稼いでいたのですが、

「多くのサイトを所有して、万が一に備えてリスク分散をしておきたい」

「色々なジャンルの広告案件に取り組んでみたい」

という思いから、ペラサイトアフィリエイトにも取り組むようになったんです。

私は誰かにノウハウを教わったのではなく、自分なりの我流のペラサイトアフィリエイトの手法を実践して行く中で、試行錯誤の末、ペラサイトだけでも月収100万円以上稼げるようになりました。

かなりシンプルなやり方なので、初心者の方でも実践しやすく、なおかつ結果を出やすい手法です。

特に多くの初心者の方がつまずきやすいのが「キーワード選定」なのですが、私の手法であれば、誰でも丸山広樹氏のようにお宝キーワードをカンタンに見つけることができます。

そこで今回は、

初心者でも稼げるペラサイトアフィリエイトのやり方

について解説していきます。

あなたもペラサイトアフィリエイトで手っ取り早く成功したいのであれば、ぜひ参考にしてみてくださいね。

初心者でも稼げるペラサイトアフィリエイトの手順

それでは早速ですが、初心者でも稼げるペラサイトアフィリエイトの手順としては、以下の通りになります。

STEP1:プログラムを選ぶ

STEP2:キーワードを選定する

STEP3:サイトを作成する

STEP4:ドメインを取得してサーバーにサイトをアップロードする

STEP5:サーチコンソールにサイトを登録する

手順としては、かなりシンプルですよね?

しかも、1つのペラサイトを完成させるまでに1日ぐらいしかかかりません。

・・・とはいえ、ただ手順通り作業をすればよいというわけではなく、しっかりと稼ぐためには、それぞれのステップを正確に実践していく必要があります。

そして、特に重要なのが「キーワードを選定する」ステップです。

先ほどもお話しましたように、ペラサイトアフィリエイトにおいては、このキーワード選定が間違っていたら、100サイトつくっても200サイトつくっても、全く稼げないで終わってしまう可能性があるのです。

実際、私自身もペラサイトアフィリエイトをはじめた当初は、正しいキーワード選定をすることができず、稼げないサイトを量産していました。

ですが、正しくキーワード選定できるようになってからは、売れるキーワードで上位表示して稼げるようになったんです。

つまり、ペラサイトアフィリエイトというのは、超シンプルに言ってしまえば、

売れるキーワードで上位表示させれば稼げる

って、ことなんですよね。

それだけ、ペラサイトアフィリエイトにおいては、キーワード選定が超重要ということなんです。

ちなみに、私はSEO対策として、自作自演で被リンクを送るようなことはしておらず、完全なホワイトハットSEOでペラサイトアフィリエイトを実践しています。

自作自演で被シンクを付けなくても上位表示させることができるのは、ライバルが少ないキーワード選定できているからと言えるでしょう。

やはり、ホワイトハットSEOで上位表示できるのが一番理想的ですからね。

その意味でも、キーワード選定は重要なんですよね。

ということで、初心者でも稼げるペラサイトアフィリエイトの手順のそれぞれのステップについて説明していきましょう。

STEP1:プログラムを選ぶ

アフィリエイトで稼ぐにあたっては、やはり「売れるプログラム」を選ぶことが重要です。

いくらサイトを上位表示させてアクセスを集めてLPに誘導することができたとしても、それが売れないプログラムだったら、なかなか報酬につながりません。

なので、売れるプログラムを選ぶことが重要になってくるわけですが、そのためのポイントとしては以下の通りになります。

①承認率やEPCが表示されているASPでプログラムを選ぶ

②ASPの人気プログラムランキングから選ぶ

③無料案件のプログラムを選ぶ

これらのポイントをふまえてプログラムを選べば、稼ぎやすいプログラムを選ぶことができるわけです。

では、それぞれ説明していきましょう。

①承認率やEPCが表示されているASPでプログラムを選ぶ

これは売れるプログラムを選ぶにあたって、最も重要なポイントと言えます。

承認率とは、そのプログラムの報酬が発生した場合、どれぐらいの確率で承認されるのかという数値です。

情報商材系のASPの場合はすべての商品が承認率100%ですが、物販・サービス系のASPでは、プログラムによって承認率がまちまちで、酷いのになると承認率が1%しか無かったりします。

承認率が1%ということは、100件報酬が発生しても承認されるのがたった1件ということになりますから、アフィリエイターをナメてるしか思えませんよね?

なので、承認率が高いプログラムを選ぶべきなんですね。

理想はもちろん承認率100%なのですが、それだけだとプログラムの選択肢がやや少なくなってしまうので、報酬単価が高かったり、広告のクリック率が高ければ、承認率50%ぐらいでも許容範囲と言えるでしょう。

逆に、報酬単価が低いプログラムでも、承認率が100%であれば、「チリも積もれば山となる」で、立派な収益の柱になったります。

次に、EPCについてですが、これは「総アフィリエイト報酬額」を「総クリック数」で割った数値になります。

つまり、承認率、報酬単価、コンバージョン率、クリック率などの全ての指標を盛り込んだ数値と言えます。

例えば、EPC=300円であれば、その広告に1アクセス呼び込めば300円の収益が見込めるということです。

なので、承認率が多少低くても、このEPCの数値が高ければ、チャレンジする価値のあるプログラムと言えるわけです。

ということで、売れるプログラムを選ぶにあたっては、承認率やEPCといった数値が重要になってくるわけですが、これらの数値が表示されているASPとしては、以下の2つになります。

・A8.net (メディアランクがゴールド以上の会員)

・レントラックス(クローズドASP)

この2つのASPであれば、売れるプログラムをラクに探すことができるわけですが、残念ながら、A8.netはメディアランクがゴールド以上の会員のみ承認率やEPCが表示され、レントラックスは誰かの紹介が無いと会員登録できないクローズドASPになります。

なので、全く売上の無いアフィリエイト初心者の方や何のツテも無い方ですと、これらのASPを使って、承認率やEPCの高いプログラムを選ぶことができないわけです。

・・・ですが、ご安心ください。

レントラックスに関しては、以下のアフィリエイトフレンズというアフィリエイト情報サイトに無料会員登録すれば、レントラックスの会員にも登録できるようになります。

アフィリエイトフレンズの会員登録はコチラから

私自身もアフィリエイトフレンズに登録しており無料会員のままですが、レントラックス以外のクローズドASPに登録できたり、特単をもらうことができたり、様々な商品やプログラムのセミナー動画を見れたりと、結構重宝しています。

ですから、アフィリエイト初心者の方は、まずはアフィリエイトフレンズに登録して、そこからレントラックスに会員登録しましょう。

レントラックスであれば、最初からすべてのプログラムの承認率をEPCが表示されていますので、カンタンに売れるプログラムを選ぶことができるわけです。

尚、先ほどお話しましたように、インフォトップなどの情報商材系ASPであれば、全ての商品の承認率が100%ですし、さらにはEPCも最初から表示されています。

私自身は、今のところペラサイトアフィリエイトでは物販・サービス系ASPしか使っていないのですが、この手法であれば情報商材も間違いなく売れますので、インフォトップなどの情報商材系ASPで商品を探すのも全然アリです。

インフォトップの会員登録はコチラから

②ASPの人気プログラムランキングから選ぶ

先ほどお話しましたように、A8.netはゴールドランク以上の会員にならないと各プログラムの承認率やEPCを閲覧することができないのですが、「売上急上昇ランキング」「新着案件ランキング」など、今売れている商品のランキングを見ることができます。

他のアフィリエイターでも売れている商品ということは、あなたが取り組んでも売れる可能性が高い商品と言えるわけです。

また、A8.netは、物販・サービス系ASPでは日本最大級ですので、取扱っている案件の数も最も多いですから、アフィリエイトを実践するにあたっては絶対に登録しておきたいASPと言えますね。

A8.netの会員登録はコチラから

まずはレントラックスで承認率やEPCが高いプログラムを調べてみて、A8.netでも同じプログラムが無いか探して、報酬単価がより高い方を選んだりすることもできるわけです。

あと、プログラムの売上ランキングに関しては、情報商材系ASPであるインフォトップにもありますので、売れるプログラムを選びやすいです。

インフォトップの会員登録はコチラから

ということで、A8.net、レントラックス、インフォトップ、の3つは、売れるプログラムを選ぶにあたって、必ず登録しておきたいASPと言えますね。

③無料案件のプログラムを選ぶ

ASPに登録されているプログラムの中には、新規会員登録、新規来店、資料請求、無料サンプル請求、一括見積サービス、不用品買取サービス、などといったように、ユーザーがお金を支払う前の時点で成果が確定されるプログラムもあります。

具体的には、転職サイトへの新規会員登録、脱毛サロンへの新規来店、専門学校の資料請求、化粧品の無料サンプル請求、引越し業者の一括見積サービス、ゲームや漫画の買取サービス、などといったプログラムですね。

このような無料案件のプログラムというものは、ユーザーにとってはお金を支払わずに行動することができるため、有料案件に比べると心理的ハードルがかなり低くなるわけです。不用品買取サービスなどは、逆にお金がもらえるわけですからね。

ですから、アフィリエイト初心者の方であっても、無料案件であれば、非常に成果を出しやすいわけなんですね。

とある月収1000万円以上稼いでいる超大物アフィリエイターさんは、「無料案件ばかり狙うのはアフィリエイターとしてまだまだ二流、有料案件を売ってこそ一流のアフィリエイター」なんてことを言ってました。

でもこの言葉って裏を返せば、それだけ無料案件は初心者向きで売りやすいプログラムということでもあるんですよね。

なので、最初は無料案件だけ集中的に取り組んで月収100万円以上を狙うのもアリだと思います。

私自身も、とある無料案件のサービスが売れまくって、ペラサイトアフィリの収益の柱になっています。

ということで、以上の3つが売れるプログラムを選ぶためのポイントになります。

特に重要なのは、承認率とEPCが高い数値のプログラムを選ぶことですね。

STEP2:キーワードを選定する

冒頭でもお話しました通り、ペラサイトアフィリエイトにおいて、キーワード選定は最重要事項です。

要するに、売れるキーワードを上位表示させることができれば稼ぐことができるわけです。

そのためのキーワード選定のポイントとしては、主に以下の2つになります。

①ライバルが少ないキーワードを選ぶ

②売れるキーワードを選ぶ

つまり、ライバルが少なくてなおかつ売れるキーワードを選ぶことができれば、ペラサイトアフィリエイトで稼ぐことができるわけなんですね。

では、それぞれのポイントについて解説していきましょう。

①ライバルが少ないキーワードを選ぶ

ペラサイトで狙ったキーワードで上位表示させるためには、そのキーワードを含めたサイトタイトルにしたり、日本語ドメインを取得して、サイトを作成します。

例えば、着物買取のプログラムをアフィリエイトするにあたって、「着物買取 横浜市」というキーワードを狙ってペラサイトを作成するのであれば、「横浜市内でおすすめの着物買取業者徹底ガイド」とったサイトタイトルにして、「着物買取横浜市.com」といった日本語ドメインを取得するわけですね。

ですが、既にそのキーワードが含まれたサイトタイトルや日本語ドメインのブログやサイトが存在している場合は、後発サイトがそれよりも上位表示させるのは難しくなってくるわけです。

キーワードというのは基本的には早い者勝ちですからね。

ちなみに、ここで言う上位表示とは、検索結果の1~3位ぐらいを指します。

狙ったキーワードで検索結果の1~3位ぐらいに入っていないとペラサイトで稼ぐのは難しいですからね。

そのキーワードがタイトルに含まれたサイトがどれぐらいあるかを調べるには、GoogleやYahooの検索窓に「allintitle:〇〇〇〇(キーワード)」と、入れればわかります。

例えば、先ほどの「着物買取 横浜市」というキーワードについて、Yahooの検索窓に「allintitle:着物買取 横浜市」と入れて調べてみますと・・・

「着物買取 横浜市」というキーワードがサイトタイトルや記事タイトルに含まれているサイトやブログが、674件も出てきました。

これだけの数のサイトやブログが既に存在しているとなると、このキーワードで今からペラサイトで上位表示させるとなると、かなり難しいことが予想できるわけですね。

そこで、さらに一語加えて「着物買取   横浜市   西陣織」という3語の複合キーワードで検索してみますと・・・

今度は、キーワードがタイトルに含まれているサイトは、たった3つでした。

しかも、どれも記事タイトルであって、サイトタイトルではありません。

なので、「着物買取   横浜市   西陣織」というキーワードを含めたサイトタイトルにして、「着物買取横浜市西陣織.com」といった日本語ドメインを取得してサイトを作成すれば、ペラサイトであっても上位表示することができるわけです。

そして、まずは「着物買取   横浜市   西陣織」というキーワードで上位表示してアクセスを集めることができれば、じょじょにドメインが強くなっていって、次第に「着物買取 横浜市」でも上位表示されるようになってくるわけです。

ですから、ペラサイトで稼ぐにあたっては、上位表示ができるようにライバルが少ないキーワードを選ぶ必要があるわけなんですね。

②売れるキーワードを選ぶ

ライバルが少ないキーワードで上位表示をすることができても、それが売上につながらないようなキーワードでは意味がありません。

やはり、ユーザーの購入意欲(無料案件であれば申込み意欲?)が高いキーワードを選んだ方が、ラクにLPに誘導することができますし、アクセスに対する成約率も高くなるわけです。

売れるキーワードを見極めるための指標というものはいくつかありますが、初心者の方にとって非常にわかりやすくてオススメなのが「プレミアムポジションの数」です。

プレミアムポジションの数とは、GoogleやYahooでキーワードを検索した時に、検索結果に表示される広告の数です。

ご存知かとは思いますが、GoogleやYahooといった検索エンジンというのは、検索結果の際に表示される広告収入を主な生業としています。

なので、GoogleやYahooでキーワードを検索すると、SEOで上位表示されているブログやサイトの他にも、そのキーワードにマッチした広告も表示されるわけなんですね。

例えば、先ほどの「着物買取   横浜市   西陣織」というキーワードをYahooで検索すると、以下のようにページの先頭に4件の「広告」が表示されていますが、ココが「プレミアムポジション」になります。

つまり、このページの先頭に表示される広告の数が「プレミアムポジションの数」というわけなんですね。

このプレミアムポジションにある広告というのは、どんなキーワードを打ち込んでも出てくるというわけではなく、あくまでもGoogleやYahooが「価値のあるキーワード」と判断したキーワードの場合のみ表示されます。

GoogleやYahooはインターネット上の広告収入を主な生業としているガリバー企業ですが、そんな彼らが「価値のあるキーワード」と判断したキーワードなのであれば、間違いなく「売れるキーワード」であると言えますよね?

そして、このプレミアムポジションの数としては、最大数は「4」になります。

つまり、検索窓にキーワードを入力して、ページの先頭に4つの広告が表示されていれば、そのキーワードは、売れるキーワードと判断することができるわけです。

先ほどの「着物買取   横浜市   西陣織」というキーワードもプレミアムポジションの数が「4」ですから、売れるキーワードであると言えるわけですね。

この様に、ペラサイトアフィリエイトで稼ぐためには、ライバルが少なくてなおかつ売れるキーワードを選ぶことが大変重要になってくるわけなんですね。

そして、これさえできれば、売れるキーワードを上位表示させて稼ぐことができるわけです。

ですが、このようなお宝キーワードを、手作業で発掘するとなると、非常に骨の折れる作業になってしまいます。

それに、丸山広樹氏のような天才アフィリエイターならともかく、私のような凡人が自分の頭の中で思いつくキーワードの数や思考の幅には限界があります。

特に、自分がはじめて挑戦するようなジャンルだと、どんなキーワードが良いのか思い浮かばないものです。

そこで、大量のお宝キーワードを大量に発掘するために、私が活用しているのが以下のツールです。

Pandora2(パンドラ2)ならお宝キーワードがザクザク!ペラサイトアフィリエイトで最速で月収100万円以上稼ぐための禁断のツール

このPandora2(パンドラ2)を使えば、ライバルが少なくてなおかつ売れるキーワードを、自動で大量に発掘することができます。

大量のお宝キーワードを目にすると、「まだまだ誰も手をつけていないブルーオーシャンがいくらでもあるんだな」と、つくづく実感させられます。

だから、後発組だろうと初心者だろうと関係無いんですよね。

私はこのツールを使うことによって、自分1人では思いつかないようなお宝キーワードを大量に発掘することができ、そのお陰でペラサイトを上位表示させて、たくさんのキャッシュポイントをつくることができたわけです。

ということで、くどいようですが、ペラサイトアフィリエイトにおいては、「キーワード選定」が最重要事項になるわけです。

STEP3:サイトを作成する

プログラムを選んでキーワードを選んだら、ペラサイトを作成していきます。

サイト作成は、ホームページビルダーや手打ちでHTMLサイトを作成しても良いですし、Wordpressでも良いと思いますが、私は以下の記事でご紹介しているSIRIUS(シリウス)というホームページ作成サイトを使ってペラサイトを作っています。

SIRIUS(シリウス)はアフィリエイターの必需品!?他のサイト作成ツールとは何が違うのか!?

SIRIUS(シリウス)であれば、HTMLやCSSなどの知識が無くても、感覚的に操作することができ、簡単にプロ並みの綺麗なサイトをつくることができますからね。

ハッキリ言って、SIRIUSに比べたら、ホームページビルダーで作ったサイトは素人感丸出しです(笑)

しかも、数クリックでPCサイトとスマートフォンサイトを同時に作ることができます。

ペラサイトアフィリエイトにおいてはサイトを量産することになりますので、ストレス無く楽しくどんどんサイトをつくっていくためにも、SIRIUSは本当にオススメのツールです。

サイトデザインに関しても、SIRIUSに同梱されているテンプレートやデザインヘッダーを使用すれば、じゅうぶんに美麗なサイトになります。

なので、SIRIUSを使えば、後は記事を書くことだけに集中することができるわけです。

記事は、STEP2で選んだキーワードに対する答えをコンテンツとして書いていきます。

記事の構成は、私は以下でお話した「悪魔のコンテンツフォーミュラ」の流れで書いています。

誰でも億万長者になれる魔法のスキル「悪魔のコンテンツフォーミュラ」

この記事構成は、パワーサイトだけでなく、ペラサイトにも使えるわけですね。

「悪魔のコンテンツフォーミュラ」の流れは以下の通りです。

①なぜ(問題提起・悩みの共感)

②なに(解決策を示す・データや根拠の提示)

③どうやって(何をすれば良いか具体的な手順を説明する)

④今すぐ(まとめ・ユーザーの背中を押す)

例えば、先ほど事例に挙げた着物買取プログラムをこの記事構成に当てはめて紹介記事を書いていくと・・・

①あなたは不要になった着物をお持ちですか?でもお店に持っていくのは大変ですよね?

②そこで着物買取サイトを利用すれば、わざわざ店にいかなくても出張買取してくれますよ。

③着物買取サイトでの申し込みの仕方の流れを説明

④まとめ・再度着物買取サイトへ誘導する

・・・といった感じになります。

この流れで書いていけば、だいたい2000~3000文字程度にはなります。

また、記事の書き方については、以下でもお話しましたように、トップアフィリエイターの実際に稼いでいるペラサイトをマネして書いてみるのも有効です。

丸山広樹+アフィリエイト文章で天才アフィリエイターのライティングスキルを手に入れる!

記事を入稿したら、サイトは完成です。

STEP4:ドメインを取得してサーバーにサイトをアップロードする

サイトが完成したら、ドメインを取得してサーバーにアップロードします。

私はペラサイトで使用するドメインは、パワーサイトと同様にバリュードメインで取得しています。

バリュードメイン

中古ドメインではなく、すべて新規ドメインを取得しています。

ドメインは、日本語ドメインが使える、com、net、xyzあたりを使っています。

ペラサイトの場合は稼げるようになるサイトはつくったうちの約2割程度なので、私は初年度の費用が安いxyzを多用していますね。

そして、稼げるようになったサイトのみドメインを更新して、稼げなかったサイトは更新せずに捨てるわけです。

comやnetに比べるとxyzはSEO的に弱いなんて言う人もいますが、xyzで作ったサイトでも上位表示してバンバン稼いでくれています。

サーバーに関しては、これもパワーサイトと同様にXサーバーを利用しています。

Xサーバー

マルチドメインなので、1つのサーバーに複数のドメインを置くことができます。

私はXサーバーで複数のサーバーを借りていますが、1つのサーバーに100個ぐらいドメインを入れてますね。

それだけの数のドメインを入れても、安定して問題無く表示されています。

あと、忘れてはいけないのが「SSL化」です。今から立ち上げるサイトは必ず最初からSSL化しておきましょう。

Xサーバーであれば無料で簡単にSSL化できる点もオススメですね。

ドメインとサーバーを紐付けできたら、サイトをアップロードします。

サイトのアップロード作業に関しても、先ほどのSIRIUSならボタン1つで簡単にできてしまいます。

STEP5:サーチコンソールにサイトを登録する

サイトをサーバーアップロードしたら、サイトをGoogleのSearch Console(サーチコンソール)に登録して、サイトマップを送信して、Googleにインデックスを催促します。

私はパワーサイトの場合はGoogle Analyticsにも登録するのですが、ペラサイトの場合はSearch Consoleだけでじゅうぶんだと思います。

ペラサイトの場合は狙ったキーワードの少ないアクセスで稼ぐので、アクセス数ってそれほど重要ではないんですよね。

Search Consoleでも、どんなキーワードでアクセスがあったかを調べることができますしね。

ということで、以上が初心者でも稼げるペラサイトアフィリエイトの手順になります。

多くのペラサイトアフィリエイターさんは、サイトをアップロードしたらSEO対策として自作自演の被リンクを付けているそうですが、私はやっていません。

当初は無料ブログをつくって被リンクを数本送っていたのですが、その作業に一体どれだけの効果があるのかと疑問に思い、やめてしまいました。

結局、自作自演の被リンクなんて送らなくても、ライバルのいないキーワードであれば、しっかりと上位表示させることができるんですよね。

なので、無料ブログなんてシコシコ作ってる時間があるなら、その分のリソースを新しいサイトをつくる方に回した方が有効だと思うわけです。

自作自演の被リンクを送らずにホワイトで上位表示させるという意味でも、キーワード選びは重要になってくるわけなんです。

あなたもペラサイトアフィリで手っ取り早く稼いでみませんか?

今回のお話いかがでしたでしょうか?

ペラサイトアフィリエイトは、初心者の人であっても正しい方法で実践すれば、必ず稼げるになります。

おさらいしますと、初心者でも稼げるペラサイトアフィリエイトの手順は、以下の通りです。

STEP1:プログラムを選ぶ

【売れるプログラムを選ぶためのポイント】

①承認率やEPCが表示されているASPでプログラムを選ぶ

A8.netの会員登録はコチラから

アフィリエイトフレンズの会員登録はコチラから

(クローズドASPのレントラックスへの会員登録ができる)

インフォトップの会員登録はコチラから

②ASPの人気プログラムランキングから選ぶ

③無料案件のプログラムを選ぶ

STEP2:キーワードを選定する

【売れるキーワードを上位表示させるためのポイント】

①ライバルが少ないキーワードを選ぶ

②売れるキーワードを選ぶ

STEP3:サイトを作成する

①SIRIUSを使えば、初心者でも簡単に綺麗なサイトが作れる

SIRIUS(シリウス)はアフィリエイターの必需品!?他のサイト作成ツールとは何が違うのか!?

②記事構成は「悪魔のコンテンツフォーミュラ」の流れ

誰でも億万長者になれる魔法のスキル「悪魔のコンテンツフォーミュラ」

③実際に稼いでいるトップアフィリエイターの文章をマネるのも有効

丸山広樹+アフィリエイト文章で天才アフィリエイターのライティングスキルを手に入れる!

STEP4:ドメインを取得してサーバーにサイトをアップロードする

①ドメインは新規の日本語ドメイン(com、net、xyzなど)

バリュードメイン

②サーバーはマルチドメインでSSL化も簡単なXサーバー

Xサーバー

STEP5:サーチコンソールにサイトを登録する

サーチコンソールにサイトを登録して、サイトマップを送信して、Googleにインデックスを催促する

以上が、初心者でも稼げるペラサイトアフィリエイトの手順になります。

ペラサイトアフィリエイトというのは、超シンプルに言ってしませば、

売れるプログラムを売れるキーワードで上位表示させる

ということだけなんです。

これさえできれば、稼げるんです。

ですから、キーワード選定が最重要事項となってくるわけですが、初心者や後発組が自力でそのようなキーワードを探すのはなかなか難しいわけです。

私自身もペラサイトアフィリエイトをはじめた当初は、正しくキーワード選定をすることができず、稼げないサイトを量産していました。。。

ですが、キーワードツール「Pandora2(パンドラ2)」を使いはじめてからは、ライバルがいなくて売れる「お宝キーワード」を大量に発掘することができるようになり、ペラサイトだけでも月収100万円以上稼げるようになりました。

ハッキリ言って、これを使えば、一流アフィリエイターの頭脳が手に入ってしまうと言っても過言ではありません。

なので、初心者であっても後発組であっても、このツールを使えば。誰にも荒らされていないブルーオーシャンにこっそりとペラサイトをつくって、こっそりと稼ぎまくることができるわけなんですね。

ということで、ぜひあなたもペラサイトで稼いでみたいのであれば、Pandora2(パンドラ2)を使って手っ取り早く稼いじゃってくださいね。

当ブログからのオリジナル購入特典として、Pandora2(パンドラ2)を使って最速で月収100万円以上稼ぐための極秘マニュアルを無料でプレゼント、さらには私が実際につくったサイトもお見せします!

初心者の方でもマニュアル通り実践すれば確実に稼げるようになる手法なので、ご安心くださいね(*^^*)

Pandora2(パンドラ2)とオリジナル購入特典については、詳しくは以下のページをご覧ください。

Pandora2(パンドラ2)ならお宝キーワードがザクザク!ペラサイトアフィリエイトで最速で月収100万円以上稼ぐための禁断のツール