「パワーサイトとペラサイト、どっちが稼げるの?」

アフィリエイトビジネスを実践するにあたっては、当然のことながら、WEB上に何らかの媒体を持つ必要があります。

個人がWEB上に持つことができる媒体としては、HTMLサイト、Wordpress、メルマガ、無料ブログ、SNS(Facebook,、twitter、LINE、Instagram等)、youtube等の動画サイト、などなど数多くあります。

あなたも、いずれかのWEB上の媒体を使った経験がありますよね?

その中でも、アフィリエイトを実践するにあたっては、独自ドメインを取得してHTMLサイトやWordpressをメイン媒体とする「ブログ・サイトアフィリエイト」を実践する人が多いです。

私自身も主にHTMLサイトとWordpressをメイン媒体として、アフィリエイトを実践しています。

そして、この「ブログ・サイトアフィリエイト」の中にも、「パワーサイトアフィリエイト」「ペラサイトアフィリエイト」という対照的な2つの手法があります。

この2つの言葉に明確な定義があるわけではありませんが、

パワーサイトアフィリエイト・・・100ページ以上の大規模サイト(パワーサイト)を媒体としたアフィリエイト

ペラサイトアフィリエイト・・・1~数ページ程度の小規模サイト(ペラサイト)を媒体としたアフィリエイト

という分類の仕方が、一般的です。

いずれの手法においても、HTMLサイト、Wordpressは、どちらの媒体でもサイトもつくることができますが、パワーサイトはWordpress、ペラサイトはHTMLサイトで構築する人が多いですね。

私自身も、パワーサイトはWordpress、ペラサイトはHTMLサイトで構築していますが、いずれも現役バリバリで実践して稼ぎ続けている手法です。

ということで、対照的なこの2つのアフィリエイト手法なのですが、初心者の方からすれば、

「どっちの手法が稼げるの?」というのが気になりますよね?

この問いに対する答えとしては、「どちらの手法も稼げる」と言えます。

実際、私自身もどちらの手法も実践して稼ぎ続けているわけですからね。

・・・ですが、それぞれの手法には長所と短所があるので、人によって向き・不向きはあると思います。

そこで今回は、

パワーサイトアフィリエイトとペラサイトアフィリエイトの長所と短所

についてお話していきます。

ぜひあなたも、パワーサイトとペラサイト、どちらの手法のアフィリエイトを実践するか迷っているのであれば、今回のお話を参考にしてみてくださいね。

パワーサイトアフィリエイトとペラサイトアフィリエイトの長所と短所

それでは早速ですが、パワーサイトアフィリエイトとペラサイトアフィリエイトの長所と短所としては、以下の通りです。

■パワーサイトアフィリエイトの長所

・1つのサイトで月収100万円以上稼ぐことも可能
・ドメイン代が安く済む
・1つのジャンルにどんどん強くなる
・メディアとして評価される
・SEO的に強い
・より長期的な運営が可能
・サイトを高額で売却することも可能
・サイトに愛着がわく
・サイト管理が楽
・ライバルの少ないロングテールキーワードでも稼げる

■パワーサイトアフィリエイトの短所

・多くの記事を書く必要がある
・それなりにジャンルに精通している必要がある
・なかなか新規ジャンルに取り組めない
・数少ないサイトに収益を依存する形になる

■ペラサイトアフィリエイトの長所

・多くのキャッシュポイントをつくってリスクヘッジできる
・様々なジャンルに挑戦できる
・より短時間で完成させることができる
・たった1ページのサイトで月数十万円稼ぐことも可能
・気軽にテスト感覚でサイトをつくれる
・失敗してもダメージが少ない

■ペラサイトアフィリエイトの短所

・キーワード選定が間違っていたら稼げない
・SEO的に弱く、短期間で稼げなくなるサイトもある
・稼げるようになるサイトは1~2割程度
・量産するのでドメイン代がかかる
・サイト数が多くなるのでやや管理が面倒

これらは、私自身がパワーサイトアフィリエイトとペラサイトアフィリエイトを、現在進行形で実践している中で、常々感じていることです。

では、それぞれの手法の長所短所のポイントについて、1つ1つ説明していきましょう。

まずはパワーサイトアフィリエイトの長所と短所についてです。

■パワーサイトアフィリエイトの長所

①1つのサイトで月収100万円以上稼ぐことも可能

パワーサイトはたった1つのサイトで、月収数十万円~100万円以上稼ぐことも可能です。

少ないサイト数で大きく稼げるのはパワーサイトアフィリエイトの大きなメリットと言えるでしょう。

②ドメイン代が安く済む

ブログ・サイトアフィリエイトを実践するにあたっては、主な経費としてはサーバー代とドメイン代ぐらいしかかかりません。

サーバーに関しては、マルチドメイン対応サーバーであれば1つのサーバーに複数のドメインを設定できて兼用できるので、1つのサイトの経費としてはドメイン代ぐらいしかかからないわけです。

そして、パワーサイトアフィリエイトであれば、月収100万円程度稼ぐサイトであっても、年間の経費は1500円程度のドメイン代しかかからないわけです。

なので、非常に利益率の高いビジネスを実現できるわけですね。

③1つのジャンルにどんどん強くなる

パワーサイトアフィリエイトは、1つのジャンルについて深堀りして多くの記事を書いていくスタイルになります。

ですから、そのジャンルにどんどん詳しくなって、他のサイトには無いようなマニアックな記事を書いていくことができ、オンリーワンサイトを作り上げることができます。

これによって、ライバルが多いジャンルにおいても、他サイトと差別化した個性的なサイトをつくりあげることができるわけです。

④メディアとして評価される

パワーサイトを運営していると、雑誌や新聞のように、1つの情報発信メディアとして評価されるようになります。

良質な記事をたくさん書いていくことによって、様々なサイトやブログから被リンクされるようになり、これによってGoogleからの評価も高まり、ますます強いサイトになっていくわけです。

また、以下の記事でもお話しましたが、私自身パワーサイトを運営することによって、広告主やASPから連絡をもらって新たなビジネスチャンスが生まれたり、雑誌の取材も受けました。

恋愛系パワーサイトを運営して体験できた6つのオイシイこと

このように、メディアが評価されるようになると、特単をもらいやすくなったり、クローズド案件を紹介してもらったりと、より収益が拡大する可能性ができるわけです。

また、その道のちょっとした専門家として評価されるようになって、アフィリエイト以外のビジネスにもつながる可能性もありますよね。

⑤SEO的に強い

先ほどもお話しましたように、パワーサイトは良質な記事をたくさん書いていくことによって、様々なサイトやブログから自然と被リンクされるようになり、これによってGoogleからの評価も高まり、SEO的にも強くなります。

以下は私の運営しているパワーサイトの1つですが、自作自演の被リンクもせず、被リンクを買うこともなく、自然に1000以上もの被リンクが付いています。

これによって、SEO的に非常に強いサイトになり、ペンギンアップデート、パンダアップデート、などといったGoogleの検索アルゴリズムのアップデートにも影響されることなく、安定的な収益を生み出すサイトであり続けるわけです。

⑥より長期的な運営が可能

SEO的に強いということは、より長期間にわたって運営していけるということです。

そして、長期間にわたって運営していけるということは、老舗サイトとしてますます価値のあるサイトになっていくわけですね。

現に10年以上稼ぎつつけているアフィリエイトサイトがいくつも存在していますからね。

アフィリエイトビジネスがこの先ずっと続くかは不明ですが、インターネットがある限りはそれに付随して何らかの形で広告ビジネスも存在し続けるはずです。

つまり、インターネットがある限りはパワーサイトから何らかの形で収益を生み出し続けることもできるわけです。

⑦サイトを高額で売却することも可能

近年では、法人のみならず、個人でもサイト売買が一般的になってきました。

以下のようなサイト売買業者に仲介してもらい、不動産のように売買するこができるわけです。

サイト売買 サイトキャッチャー

私自身も運営しているパワーサイトを購入したいという方から連絡をいただいたことがありますが、売買価格としてはだいたい「そのサイトの2年分の収益」ぐらいが相場のようです。

知り合いのアフィリエイターでも、何回かパワーサイトを売却している人がいるのですが、その度に数百万円~数千万円程度のキャッシュを得ており、それを株式投資にまわして運用しているそうです。

サイト運営ができなくなたり、まとまったお金が欲しい場合は、パワーサイトを売却するのも1つの手段ですよね。

なので、パワーサイトはその意味でも「資産」なんですよね。

⑧サイトに愛着がわく

1つのサイトを大事に育てていると、まるで自分の子供の様な愛着がわいてきます。

サイトに愛着がわいてくると、よりよい記事を書いていこうという気持ちになりますし、何よりもサイト運営が楽しくなります。

これによって、より楽しくアフィリエイトビジネスに取り組むことができるわけです。

⑨サイト管理が楽

パワーサイトアフィリエイトであれば、管理するサイトやドメインの数が少ないので楽です。

アフィリエイトコードを変更する際も、レビューページだけ変えれば良いので、それほど手間はかかりません。

⑩ライバルの少ないロングテールキーワードでも稼げる

パワーサイトを運営していると、自然と「ロングテールキーワード」で集客ができるようになります。

ロングテールキーワードとは、1つ1つの検索需要は少ないのですが、それゆえにライバルが少ない検索キーワードです。

1つ1つの集客力は大したことはありませんが、ロングテールキーワードが何百~何千と積もり積もっていけば、サイト全体では強力な集客力になってくるわけです。

つまり、パワーサイトであれば、ライバル不在の大量のロングテールキーワードで、より安定的に稼ぎ続けることができるわけです。

また、それほどキーワードを選ぶスキルが無くても、そのジャンルに特化して、とにかく読者に役立つ記事を書いていけば、自然とロングテールキーワードで集客できるようになるので、初心者にとっても実践しやすいポイントと言えるでしょう。

■パワーサイトアフィリエイトの短所

①多くの記事を書く必要がある

パワーサイトの記事数として、明確な定義があるわけではありませんが、100記事以上と考える人が多いようです。

なので、パワーサイトをつくりあげるには、とにかくそのジャンルについて多くの記事を書く必要があるわけです。

私自身は、得意なジャンルで100記事以上書くことは、それほど難しいとは思いませんが、あまり詳しくないジャンルで100記事以上書くのは結構大変な作業と感じます。

ですが、記事作成に関しては、以下のような記事作成サービスを利用するのもアリです。

日本最大級の記事作成サービス【サグーワークス】

例えば、このような記事作成サービスでまず20~30記事作成してもらい、その記事を読めばジャンルの基礎知識が身に付くので、それでオリジナル記事を書き足していけば、合計で100記事以上のパワーサイトをつくりあげることができるわけです。

②それなりにジャンルに精通している必要がある

パワーサイトを運営するにあたっては、多くの記事を書いていくわけですから、プロレベルとまではいかなくても、それなりにそのジャンルに精通しておく必要があります

そのジャンルの熱心なユーザーぐらいの知識や感覚は必要です。

ですが、これに関してはそのジャンルに関する書籍を数冊読めばじゅうぶんでしょう。

それすらもやっていないアフィリエイターも多いですからね。

また、これに関しても先ほどお話した記事作成サービスを利用するついでに、その記事を読み込んで基礎知識を身に付けるのもアリです。

③なかなか新規ジャンルに取り組めない

記事数の多いパワーサイトをつくりあげるには、それだけ時間がかかりますし、サイトの基礎が出来上がるまでは、そのジャンルに集中することになります。

なので、他に興味のあるジャンルや良さそうな広告案件があっても、なかなか取り組めません。

また、パワーサイトをつくるからには、労力がかかるだけに、より慎重にテーマやジャンルを選ぶことになるので、気軽に新ジャンルに挑戦するということがやりにくいです。

④数少ないサイトに収益を依存する形になる

パワーサイトはSEO的に強いので、ブラックなやり方でもない限り、そう簡単に飛ぶようなことはありません。

私自身も所有しているパワーサイトは、今のところすべて安定的に稼ぎ続けてくれています。

とはいえ、パワーサイトを運営しているアフィリエイターさんの中には、「月200万円稼いでいたサイトが飛んで、月収がゼロになってしまった」なんて人もいることは事実です。

なので、少ないサイトに収益を依存するよりも、より多くのサイトを所有して収益を分散させた方が、リスクヘッジになることは確かです。

ビジネスの安定性で言えば、1サイトのみで月収100万円稼ぐよりも、月1万円稼ぐサイトを100個所有して月収100万円の方が、よりリスクが少ないと言えますからね。

では次に、ペラサイトアフィリエイトの長所と短所についてお話していきましょう。

■ペラサイトアフィリエイトの長所

①多くのキャッシュポイントをつくってリスクヘッジできる

先ほどもお話しましたが、パワーサイトアフィリエイトの短所の1つは、1つのサイトに収益を依存することです。

通常、サイトが飛んでいく場合は、ドメイン単位で飛んでいきますからね。

やはり、ビジネスとしては、より多くのキャッシュポイントを所有していた方が、リスクヘッジとなり、より安定的な収益をのぞめるので理想的です。

その点、ペラサイトであれば、1つのサイトをつくりあげるのに大して時間がかかりませんので、次から次へとキャッシュポイントをつくっていくことができるわけです。

多くのドメインを所有することによって、1つのドメインが飛んだとしても、引き続き安定的な収益を見込めるわけですね。

②様々なジャンルに挑戦できる

各ASPの管理画面や新着案件のメールやイベント等で、様々なプログラムを目にしていると、魅力的な案件や、自分が得意そうなジャンルの案件、今まさにビジネスチャンスと言える案件、などなど、「やってみたいな」と思える案件に出会うことがあります。

そんな時、ペラサイトであれば、「とりあえず実験的にサクッとつくってみるか」みたいな感じで、気軽に取り組めるんですよね。

そして、取り扱えるジャンルが増えると、アフィリエイターとしてよりビジネスの幅も出てくるわけです。

③より短時間で完成させることができる

ペラサイトは、最初は1ページだけのサイトを作るだけなので、短期間で完成させることができます。

私の場合は、ペラサイトでもそれなりに時間がかかるので、1サイトつくるのに1日~3日程度かけていますが、早い人は1日に3サイトぐらい作ってしまうそうです。

なので、完成までのハードルが低いという意味においては、初心者の方にも取り組みやすいと言えるでしょう。

④たった1ページのサイトで月数十万円稼ぐことも可能

たった1ページのペラサイトとはいえ、1サイトで月収数十万円稼ぐことも不可能ではありません。

とある大物アフィリエイターさんは、季節物の案件(カニの通販)のペラサイトで月400万円も稼いだそうです。

私がつくったペラサイトは、まだ月収10万円越えのサイトはありませんが、月数万円以上稼ぎ続けてくれているサイトが30個程度あるので、ペラサイトだけでも合計で月収100万円以上稼ぐことができています。

1サイトあたり月数万円とはいえ、数日でつくりあげたペラサイトが、毎月ほったらかしで稼ぎ続けてくれているわけですから、なかなか効率的な手法ですよね。

⑤気軽にテスト感覚でサイトをつくれる

ペラサイトは、完成までのハードルが低いですし、新しいジャンルにも取り組みやすいので、気軽にテスト感覚でどんどんサイトをつくることができます。

パワーサイトであれば、「この商品って本当に売れるのかな?」と思って躊躇するようなプログラムであっても、ペラサイトであれば、「とりあえずやってみるか、ダメならドメイン更新しなければいいだけだし」という気持ちでチャレンジすることができます。

そうした中で、ライバルが少ない思わぬ案件が売れまくることがわかったりします。

そななると、今度はそのジャンルで中規模サイトや大規模サイトでつくってみたりすることもできるわけです。

この様に、初年度のドメイン代だけでビジネス的なテストがどんどんできる点もペラサイトの魅力です。

⑥失敗してもダメージが少ない

100記事のパワーサイトをつくって、全く売れないサイトだったら精神的ダメージや時間的損失は大きいです。

パワーサイトで全く稼げないサイトになる確率は低いですが、それでもジャンル選びや商品選びが間違っていたり、コンテンツの質が低いと、全く稼げないサイトになる可能性もあるわけです。

ですが、ペラサイトであれば、仮に売れないサイトになっても、精神的ダメージも時間的損失も少ないです。

ドメイン代はかかってしまいますが、初年度だけであればそれほどの費用になりませんし、収益が無ければ2年目は更新せずに捨ててしまえば良いわけですからね。

■ペラサイトアフィリエイトの短所

①キーワード選定が間違っていたら稼げない

ペラサイトですと、パワーサイトのように大量のロングテールキーワードで集客するのは難しいです。

そうなると、特定の狙ったキーワードで上位表示させる必要があるわけです。

狙うべきキーワードの選び方としては、検索需要が多く、購買意欲が高く、なおかつライバルが少ないキーワードを選ぶのが基本です。

このキーワード選定は、ペラサイトアフィリエイトにおける最重要ポイントと言えます。

ペラサイトで稼いでいる人は、もれなくこのキーワード選定能力が高いです。

ですが、アフィリエイト初心者の方が、正しいキーワード選定をするのは至難の技です。

このキーワード選定が間違っていたら、100サイト作ろうと200サイト作ろうと、1円も稼げないで終わってしまう可能性もあるでしょう。

私自身、ペラサイトに取り組みはじめた時は、このキーワード選定がうまくできずに、稼げないサイトを量産していました

正直言いますと、私はペラサイトのキーワード選定に関しては、以下の「キーワードツール」に頼っています。

Pandora2(パンドラ2)ならお宝キーワードがザクザク!ペラサイトアフィリエイトで最速で月収100万円以上稼ぐための禁断のツール

なので、ある程度アフィリエイト経験がある人でも、自力のみで正しくキーワード選定するのは難しと感じています。

②SEO的に弱く短期間で稼げなくなるサイトもある

パワーサイトに比べると、ペラサイトは当然のことながらSEO的に弱く不安定です。

ナチュラルな被リンクが付くこともほとんどありません。

なので、一時的に狙ったキーワードで上位表示することができても、しばらくしたら圏外に飛んでしまい、短期間で全く稼げないサイトになってしまうことがよくあります。

③稼げるようになるサイトは1~2割程度

パワーサイトは、テーマや方向性が間違っていなければ、稼げるサイトになる可能性は高いです。

ですが、ペラサイトは、売れるプログラムを選んで、正しくキーワード選定して、良質な記事を書いたとしても、稼げるようになるサイトは1~2割程度です。

つまり、100サイトつくっても、売れるサイトになるのは10~20サイト程度なのです。

これは、ペラサイトアフィリエイトで10年以上月収100万円以上稼ぎ続けているようなベテランアフィリエイターであっても、売れるサイトができる割合は同程度です。

ペラサイトを実践しているアフィリエイターさんで「量産なんてしてないですよ。30サイトぐらいです。」なんて豪語している人でも、よくよく聞いてみたら、実は現在所有しているサイトが30サイトなのであって、累計では過去に200サイトぐらいつくっていたなんてこともありました。

なので、ペラサイトアフィリエイトで稼ぐには、どうしてもある程度の量産が必要になるわけですね。

④量産するのでドメイン代がかかる

ペラサイトアフィリエイトで稼ぐためには量産が必須になりますので、サイトの数に比例して、それだけドメイン代がかかります。

パワーサイト3つだけでアフィリエイトするのと、ペラサイト300個でアフィリエイトするのとでは、ドメイン代が100倍も違ってくるわけですからね。

とはいえ、ドメイン代というものは、初年度のみであれば安かったりするので、それほど費用はかかりません。

例えば、xyzドメインは1年目は100円程度で取得できます。(2年目以降は1,600円程度)

1ドメイン100円であれば、100サイトつくっても10,000円しかかかりません。

2年目は1,600円かかってしまいますが、最初の1年間で1,600円以上稼げなかったドメインは、その時点で切って契約更新しなければ、赤字にはならないわけです。

なので、この点に関しては、パワーサイトよりはドメイン代がかかるとはいえ、それほど大きな問題ではないでしょう。

⑤サイト数が多くなるのでやや管理が面倒

量産してサイトの数が多くなると、それだけサイトのドメイン管理が少し面倒になります。

基本的には、最初の1年間で稼げたサイトのドメインを忘れずに契約更新すれば良いだけなのですが、数が多くなるとうっかり更新するのを忘れてしまう人もいるようです。

あるアフィリエイターさんは、アルバイトにドメインの管理を任せていたら、月数十万円稼ぐペラサイトのドメイン更新を忘れていて、大事なサイトを失ってしまったことがあるそうです。

ドメインは有効期限が切れても、その後2カ月間ぐらいは更新することができますので、最低でも毎月1回は各ドメインの有効期限をチェックするようにしましょう。

ということで以上、パワーサイトアフィリエイトとペラサイトアフィリエイトの長所と短所についてお話しました。

どちらの手法も正しい方法を実践すれば必ず稼げるようになる

今回のお話いかがでしたでしょうか?

おさらいしますと、パワーサイトアフィリエイトとペラサイトアフィリエイトの長所と短所としては、以下の通りです。

■パワーサイトアフィリエイトの長所

・1つのサイトで月収100万円以上稼ぐことも可能
・ドメイン代が安く済む
・1つのジャンルにどんどん強くなる
・メディアとして評価される
・SEO的に強い
・より長期的な運営が可能
・サイトを高額で売却することも可能
・サイトに愛着がわく
・サイト管理が楽
・ライバルの少ないロングテールキーワードでも稼げる

■パワーサイトアフィリエイトの短所

・多くの記事を書く必要がある
・それなりにジャンルに精通している必要がある
・なかなか新規ジャンルに取り組めない
・数少ないサイトに収益を依存する形になる

■ペラサイトアフィリエイトの長所

・多くのキャッシュポイントをつくってリスクヘッジできる
・様々なジャンルに挑戦できる
・より短時間で完成させることができる
・たった1ページのサイトで月数十万円稼ぐことも可能
・気軽にテスト感覚でサイトをつくれる
・失敗してもダメージが少ない

■ペラサイトアフィリエイトの短所

・キーワード選定が間違っていたら稼げない
・SEO的に弱く、短期間で稼げなくなるサイトもある
・稼げるようになるサイトは1~2割程度
・量産するのでドメイン代がかかる
・サイト数が多くなるのでやや管理が面倒

これらは、私自身がパワーサイトアフィリエイトとペラサイトアフィリエイトを、現在進行形で実践している中で、常々感じていることです。

それぞれ長所と短所があるので、どちらが良いかは一概には言えませんが、

どちらも稼げる手法であることは確かです。

私自身は、最初パワーサイトからはじめて収益が出てから、よりビジネスを安定させる意味でペラサイトにも取り組むようになりました。

多分、ペラサイトから入っていたら正しいキーワード選定ができなくて、途中で挫折していたのではないかと思います。

先ほどもお話しましたが、私はペラサイトアフィリエイトに関しては、以下のキーワードツールを使うようになってから、ようやくマトモに稼げるようになりました。

Pandora2(パンドラ2)ならお宝キーワードがザクザク!ペラサイトアフィリエイトで最速で月収100万円以上稼ぐための禁断のツール

なので、最初からこのキーワードツールを使ってしまえば、初心者の人でもペラサイトで稼ぐのは難しいことではありません。

後は、どちらの手法が自分に向いているか、好みの問題だと思います。

いずれの手法であっても、正しい方法を学んで実践すれば必ず稼げるようになります。

ということで、ぜひあなたも今回のお話を参考にして、パワーサイトアフィリエイトやペラサイトアフィリエイトに取り組んでみてくださいね。

尚、パワーサイトアフィリエイトとペラサイトアフィリエイトのそれぞれの詳しいやり方については、以下の記事をご参照ください。

■パワーサイトアフィリエイトのやり方

私が恋愛系情報商材アフィリエイトで1000万円以上稼いだ方法を暴露します!

Unlimited Affiliate 2.0(アンリミテッドアフィリエイト2.0)を実践して資産ブログをつくってみた結果…

LUREA plusル(ルレアプラス)は物販アフィリエイトの王道教材だが挫折者も多い!?その中身を徹底検証!

■ペラサイトアフィリエイトのやり方

初心者でも稼げるペラサイトアフィリエイトのやり方を徹底解説!

Pandora2(パンドラ2)ならお宝キーワードがザクザク!ペラサイトアフィリエイトで最速で月収100万円以上稼ぐための禁断のツール

丸山広樹+アフィリエイト文章で天才アフィリエイターのライティングスキルを手に入れる!